So-net無料ブログ作成
検索選択

Buzz Feiten Tuning System [音楽(機材関連)]

今日の内容はあまりの難解さから頭痛を引き起こすこと必至です!lucaです。こんばんは。バファリンでも用意しといてください。


先日、オクターブ調整をした際にバズ・フェイトン・チューニングについて少しだけ言及したが、それについて「バズ・フェイトン?それってうめぇんか?」というような質問があったので、今日はそんなバズ・フェイトン・チューニング・システムについてのお話です。

今更語るまでもないが、ギターという楽器はチューニング(調律)が酷くいい加減な楽器で、平均律という音の並び方に従ってフレットが打たれ、それによって音高が決まるという仕組みになっている。この平均律ってのがいい加減なチューニングに影響しており、簡単に言っちゃえば「ある楽器でこの音を合わせると別の音が合わない」という状態になってしまう事を防ぐ為に「じゃあ、その間にしてどっちの音にも都合のいいようにしましょう」っていうのが平均律のシステムだ。

当然、どっちつかずのような状況になるので、これがチューニングの不安定さを生む。例えば完璧にチューニングを合わせたギターでAのコードを弾いてみて気持ちよく響いても、Dのコードではなんか違和感があるってのはギタリストなら感じた事があると思うが(ほんとに響きが違うから、実際にやってみるといいよ)、この響きの差を無くす為に考案されたのがBFTSというわけだ。

これの基となった原理がウェル・テンパラメントという、昔の鍵盤楽器に用いられた調律方法で、まぁ詳しくはWikipediaで確認してほしいのだが、簡単に言っちゃえば「特定の音のチューニングをわざとずらす」っていう事だな。

人間の耳というのは不思議なもので、パーフェクトインターバルの4度、5度、オクターブの音がシャープ方向でもフラット方向でもどっちでもいいんだけど、多少ずれてたとしてもほとんどその違いに気付かないという特性を持っている。これは絶対音感所持者の完璧な耳でも同様。逆に3度や6度がシャープした場合には、それが多少の狂いであったとしてもひどく不快に聴こえる。この特性を利用して4度、5度、オクターブのチューニングを犠牲(という表現は好ましくないのだが…)にし、3度と6度に完璧な精度を求めた物が前述のウェル・テンパラメントだ。

これをギターにも還元してみようと考えたのが、BFTS考案者のバズ・フェイトン氏。原理はウェル・テンパラメントとまるっきり一緒で、も〜っと噛み砕いて説明すると、例えばギターの2弦をややフラット気味に合わせ、3弦はジャストで合わせると、その2つの音感は狭まる。これが誰でもわかりやすいように超簡単に凝縮した理論だ。5度がフラットしていても3度はそれによって完璧な音程になるので、結果として根音・3度・5度・が聴感上では綺麗に響くというわけ。あくまでも「聴感上」の問題なので、普通のクロマチックチューナーで合わせると、ちょっと狂った表示になります。

そう、BFTSはクロマチックチューニングの概念を半ば無視しているので、単音で弾くとほんとにわずかだけど音痴に聴こえる。しかし単音しか出せない楽器は置いといて、ギターはどう考えても和音にこそ重きを置いた方が当然好結果になるので、これが一つの究極形態という回答なわけだ。

とりあえずBFTSについて説明してみたが、俺が使っているKORGのDT-7というチューナーはこのBFTSを再現させる為のチューニングモードがあり、それを利用して俺は普段チューニングを行っていた。ちなみにこのチューナー、発売当初はBFTSをチューニングできる唯一のコンパクトチューナーだったという事もあり、生産完了後は中古市場が恐ろしく高騰しました。俺が新品で買った時の値段は覚えてないんだけど、多分6,000円くらい?それがオークションなどでは10,000円前後にまで跳ね上がった。今でこそ選択肢はたくさん増えたけど、当時はこれしかなかったからね。

しかしこのチューナー、大々的にBFTSを謳ってしまった為、考案者のバズ・フェイトン氏からKORG社にクレームが来ました。氏曰く「本来、BFTSを搭載したWashburn製のギター以外では、完璧なBFTSのイントネーションを得る事は難しく、通常のギターではBFTSを再現する事はできません。ってゆーか、勝手に謳い文句使ってると特許料ゴッソリ頂くぞコラァッ!」という内容だったような気がする。以来、KORGのすべてのチューナーからBFTSの表記が消えましたとさ。

というわけで、せっかくなのでこのDT-7を使って、通常のクロマチックチューニングと、バズフェイトンチューニングの違いを聴いてみましょう。



まずは各弦のハーモニクス。最初がクロマチックで、後がバズフェイトン。チューナー上では各弦ジャストに合わせているが、クロマチックの方が音が重なり合った時の音揺れが大きい事がわかるだろうか?バズフェイトンチューニングの方もわずかに音揺れは生じてしまっているが、ちゃんとBFTSがインストールされたギターでバズフェイトンチューニングを施した場合には、この音揺れが消えるらしい。これが普通のギターとBFTS搭載ギターの違いだ。

さらにもう一個。今度はウェル・テンパラメントで重要な音である3度、4度、5度、6度が満遍なく出てくるようなフレーズです。



ここで問題。どっちがバズフェイトンチューニングでしょう?これはさっきみたいに音揺れを聴くんじゃなくて、各音群の2個目の音であるF#をしっかり聴いてみるとわかりやすいかも。その音がすべての音との調和を保っているので、全体的にキレイに聴こえる方がバズフェイトンチューニングだ。頑張って当ててくれ。

と、擬似的なBFTSでもここまでの効果が一応得られる。なので俺はこのチューナーが手放せないわけ。前述したオークション価格の高騰にはさすがにちょっとだけ心が揺れたが(笑)ちなみに理論さえ知ってれば、普通のチューナーでもバズフェイトンチューニングと同じ効果を得る事は可能。ただし超シビアな判定が要求される為、それなりの反応の早さや精度の高さを備えたチューナーじゃないと無理かも。あとこの図を見て、これが何の事かわからないとさらに無理かも。当然俺もわかりません(笑)

チューニングについてはとにかく求めようと思えばどこまでも求められるもので、昔から色んなアイデアがギターに盛り込まれてきたが、最近だとTrue TemperamentやCircle Fretting Systemなんていう物も出てきた。後者はあまりよく知らないのだが、True〜の方はスティーブ・ヴァイや、マティアス・イア・エクルンドでお馴染みの、フレットがぐにゃぐにゃに曲がってるやつね。

一度だけ弾いた事があるが、ほんとにどんなコードでも完璧な響きが得られる。フレットが場所によって曲がり具合が違うので弾くのは難しいかと思っていたんだけど、案外そんな事はなかった。あとそれの副産物的効果として、とんでもないロングサスティンが得られる。当然、サスティナーのように半永久的にではないけど、実用範囲内の長さという点に於いてはサスティナーくらいのロングサスティンだ。

ちなみにこのTrue Temperamentってのも実にめんどくさいシステムで、スケールや弦のゲージによってフレットを打つ位置が変わってしまうので、こんな風にフレットの曲がり具合が全然異なってくる。

というわけで、今日は超マニアックなチューニングのお話でした。俺はちょっとの狂いでも気になってしまうので、もし本格的に何らかのシステムを導入するとすれば、True Temperamentかな。BFTSよりもロングサスティンが得られるというアドバンテージが得られるのはやはり大きい。しかしこの作業、日本で行える人間がいないのか、さらに取扱代理店もないのか、すべて自分でどうにかして海外に送らなければならない。なので空輸代や保険、インストール料金で確実に10万を超えるという、まったく手の届かない代物だ(笑)
nice!(9)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 16

haku

すごいですねぇ!
平均律では、響きは微妙にずれるんですね
自分はギター始めた頃、チューナーなんて無かったんで、
Aの音だけ音叉か何かで合わせて、
後はハーモニクスで合わせるということをずっとやってました^^
いまだに、その合わせ方が基本です♪
by haku (2010-09-19 23:18) 

KOVCH

lucaさん、こんばんは。
面白い!勉強になりました^^
でも、自分もAだけ合わせて後は適当だったりします^^;
PCのLine6に繋いでるときはすぐ切り替えられるのでマメにチューニングしますが、ただ練習だけのときはグジュグジュの音程だったりすることもあります^^;
by KOVCH (2010-09-19 23:48) 

卦神

自分もちゃんとチューニングを合わせてもただ一箇所だけ音が揺らぐときがあるんで不思議に思っていましたそういうことだったんですね。

勉強になりました!
by 卦神 (2010-09-19 23:58) 

ginchanx_5150

2番目がトイストーリーのバズですね(おそるおそるぅ)
大変勉強になりました、、luca先生のチューニング講座!

oneをアレンジしたこのフレーズ、そしてこの音!
完成したようですね!!
by ginchanx_5150 (2010-09-20 00:11) 

吟遊詩人41

Aさえ合ってりゃなんとかなる!って、チューニングをロクにせずレコーディングしてしまうことがあります^^
後で聴くと結局録り直しになるのですが^^;
by 吟遊詩人41 (2010-09-20 00:11) 

luca

hakuさん>
今のような小型軽量のチューナーはたしか70年代半ばに
現在のKORGが初めて製作したと記憶していますが
当時はメチャクチャ高かったみたいですね。
ちなみに本文中には書き忘れましたが、チューナーを使わない場合
5フレットを押弦した合わせ方よりも、ハーモニクスを使う方が
より確実なチューニングになりますので、今のそのやり方が
一番適していると思います。

KOVCHさん>
ありがとうございます(o^-')
この調律方法が発案されるまでは、楽曲に適した調に合わせ
よく使うコードの響きが完璧になるような無茶なチューニングを
していたらしいです。
なので大昔のピアノは極端な話、ト長調専用ピアノみたいなのも
あったらしいですよ。
ピアノは調弦するのがめんどくさいですからね〜。

卦神さん>
気にする人はほんとに気にするし、気にならない人は
全然気にならない部分なので、そこまで神経質になる話題では
ないんですが、そこを気にできるかどうかでピッチに対する
耳の反応が鍛えられますよね。
そうなると所謂「チョーキング音痴」にはならないので
テクニック面にも恩恵はあると思います。

ginchanx_5150さん>
おぉ、よくわかりましたね!
さすがです(´∀`)
Oneはどうにか完成しまして、先日会長に送付済みです!
誰かが正規アレンジを弾いてくれると、このアルペジオと
ちょうどよく音が重なってキレイに響くんですよ。
それがあるので普通のクロマチックチューニングに戻したわけです。

吟遊詩人41さん>
俺も普段のRECなんかではそこまで神経質になることはないです。
だいたい最初の何テイクかはアレンジを決めるだけの
ラフ録りなので、本チャンでキッチリ合わせるって感じですね。
弾いてる間にもズレてきますし、最初の段階でそこまで
労力を割きたくないんです(笑
by luca (2010-09-20 00:34) 

Julia

こんにちは。

頭痛が・・・・(苦笑)
チンプンカンプンでバファリンが効きません(涙)
by Julia (2010-09-20 11:03) 

luca

Juliaさん>
えぇ、そりゃわからないでしょう(笑)
上野コメント者一覧を見ればわかるように、全員が百戦錬磨の
猛者たちですから、一通り読んでコメントをしてもらえただけでも
表彰モノでございます(n'∀')n
by luca (2010-09-20 14:18) 

ハードロック芸人

はっはっは。私には難しくて理解できませんでしたけど、これは、きっと有益な情報になるでしょう。ロックな音楽系のブログで、こういうお話をみたことがないので。雑誌でもあんまり見たことないなあ。

↑そして、有益な記事のなかに、私のコメントが「落第コメント」として燦然と輝き続けることでしょう。
by ハードロック芸人 (2010-09-20 23:00) 

luca

ハードロック芸人さん>
ほんとにロックしかやってこなかった人はそれに慣れちゃってるので
ここまで細かいことを気にする人はあまりいないと思いますし
需要も絶対ないので、まず目にする事のない情報でしょうね(笑)
なのでよっぽど酷いズレじゃなければある程度はアバウトでも
まったく問題はないと思いますよ。
しかし幼少期にクラシックなんかをやってたりすると
オーケストラって440Hzに合わせない事の方が圧倒的に多い事から
平均律への苦手意識と、440Hzが真ん中っていうロック界の一般論に
嫌悪感が出てきちゃうんですよね。
by luca (2010-09-20 23:10) 

Studio-Oz

こんばんは。

コレは凄いですね!
かなりハイレベルなお話ですね・・・
凄く面白いです!
大変、勉強になりますよ。

>例えばギターの2弦をやや・・・
難しいですね!
5弦rootでM7のコードを押さえると2弦は3度?的な役割なのか?
済みません独り言で・・・

lucaさんはかなり耳の良い方で音楽の知識が豊富なんですね~!!
これからも色々と教えて下さいね!
by Studio-Oz (2010-09-21 01:06) 

luca

Studio-Ozさん>
トライアドに置き換えるとわかりやすいかと思います。
2弦と3弦の開放音はB音とG音なので、それが構成音に含まれるのは
GとEmがありますよね。
5度はフラット/シャープ気味でも人間の耳では気付かないので
Emの5度であるB(2弦)をフラットさせ、Emに於ける聴感上の
完全調和を得ます。
BFTSはあるコードの5度をフラットさせる事で、その音が違うコードの
3度になった時でもキレイに響かせるというのが主な目的なのですが
3度の音はシャープすると不快にも関わらず、フラットだと
キレイに響くという特性を持っているので、それを利用します。
つまりEmとGの関係性だと、Emの5度がGの3度になる事から
2弦をフラットにチューニングするわけですね。
by luca (2010-09-21 03:32) 

DEBDYLAN

ギター弾いてかなり経つけど、
未だにチューニングは苦手・・・

クロマティック・チューナーのお世話になりっ放しです^^;

by DEBDYLAN (2010-09-23 21:58) 

luca

DEBDYLANさん>
チューニングはどうやってもめんどくささがつきまといますから
それで嫌悪感を持っちゃう人も少なくないですよね。
しかしキッチリ合わせれば弦楽器特有の音揺れ感がなくなるので
特にシンセサイザーなどの楽器との相性が抜群に良くなりますよ。
by luca (2010-09-23 22:09) 

ドキドキ感

はじめまして

私はN4を持っていますが バズフェイトンの意味はじめて分かりました
(正確に言うと入口くらいしか理解できていませんが)
とても勉強になりました ありがとうございます




by ドキドキ感 (2014-03-14 15:23) 

luca

>ドキドキ感さん
いいギターをお持ちですね!
参考になったのなら幸いですが、これが元になって
「この音がこうだから、こっちはこうなって…」みたいに
頭でっかちになるより、入り口だけでも理解できている方が
耳を鍛えるという意味でもプラスになると思います。
by luca (2014-03-14 15:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。