So-net無料ブログ作成
検索選択

1分間に700〜800発 [日記・雑感]

最近うちの近くに出没する鼻歌まじり(というか時には熱唱)の酔っ払いが何を歌っているかを当てるのがマイブームです。lucaです。こんばんは。昨日は「星空の下のディスタンス」でした。


巨人軍とビールが大好きな石塚先生こと、X JAPANのギタリストPATA。ツインギターバンドの宿命か、ビジュアル的にも目立つHIDEの陰に隠れてしまいがちではあるが、ズバ抜けたテクニックを持っている事は今更語るまでもない。

昔からそこかしこで見かける質問で「HIDEよりPATAの方が上手いのか?」なんてのがあるが、それに対して「PATAの方が圧倒的に上手い」とする説がある。それが単純に速度の問題であればX史上最速と言われる「Stab Me In The Back」のギターソロを弾いているのはPATAだし、次点である「オルガスム」のギターソロ前半部でひたすら16分音符の速弾きをするのもPATAである。

ファンでもなければ一般的には「ギターソロはHIDEが弾いてるんだろう」というイメージを持つ人も少なくないと思うのだが、前述した「Stab Me In The Back」と「オルガスム」の問題を合わせて考えると「どっちの曲も速い→PATAがギターソロ弾いてる→速すぎてHIDEは弾けないのか?→って事はPATAの方が上手いのか!?」という思考に至っても何ら不思議はない。HIDE自身も「俺よりPATAの方が上手い」なんて言った事もあるらしいが、まぁスピードナンバーでの速弾きという部分だけに焦点を当てればそれらの推測や発言も近からず遠からずなのかなと。

そんで今日はその部分についてはあんまり関係なくて、PATAのピッキング速度を的確と言うか半ば誇張的に表す逸話として「1分間に700〜800回のピッキングができる」という物がある。いまいちピンと来ないかもしれないが、1秒あたりの回数にするとおよそ11〜13回のピッキングという事になるわけだ。ギターを弾かない人でもなんとなくその凄さがわかるだろうか。高橋名人の秒間16連射はジャンルが違うので今回は気にしないでください(笑)

さて、その回数をピッキングするにはどのくらいのBPMでどのくらいの音価で弾けばいいのか、という事になるのだが、これを仮に最大値である800回のピッキングと仮定するとすんなり答えが出る。ここでポイントとなるのが前述の「Stab Me In The Back」という曲だ。アルバム「Jealousy」に収録されている物でBPM=200という計算がとても楽なテンポになる。これは1分間に4分音符が200回鳴らされる速度という事で、8分音符なら400回、16分音符なら800回という事になる。はい、もう答えが見えました。

つまりはX史上最速曲(スタジオ収録音源に限る)である「Stab Me In The Back」で16分オルタネイトのギターソロを弾き倒すという事は、そのペースで1分間弾き続けたら800回のピッキングになる。もちろん1分間もずっと16分音符を弾き続けるようなギターソロではないので、この部分だけをクローズアップした事によって生まれた期待値的ピッキング回数というのがこの噂の真相ではなかろうか。

しかも左手の動きは問わないのであれば、同じBPMである以上、且つバッキングでも部分的に16分音符で刻む箇所があるので、HIDEの分間ピッキング回数の期待値も同じく800回という事になる。というか同一弦上だけで延々ピッキングしてるだけでいいなら800回は俺でも到達するんじゃないかと、試しにちょっとやってみたが、少し頑張れば1分間だけなら完走は可能だった。

なので噂の真相を探るとそれが単なる期待値であっただけだし、右手だけならHIDEも同レベルという事になるし、そもそも速弾きがまったくできない俺でも1分間に800回のピッキングと声高に宣言していい事になってしまうのだ。まぁ噂なんてそんなもんですよね。


それでも両者のギターソロが一般的に速いのは覆し難い事実である。中にはチアゴ・デラ・ヴェガという化物もいるが、ここまでの話題がギタリスト向けだったので、そうではない人たちにもこの速度がどれだけ異常かをわかりやすく説明できる好例をご紹介したい。

聖闘士星矢(セイントセイヤ)ってご存知ですか?その昔、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画です。最近では新作(なのか?)アニメも放映されているみたいで、今も昔もバトル好きの少年達の心を躍らせている名作です。

バトル漫画なので当然必殺技なんてのがあるのだが、主人公である星矢は「ペガサス流星拳」というおそらく誰しもがどこかで聞いた事のあるだろう必殺技を持つ。…え〜と、全然関係ないようなんだけど、ほんとにこれがわかりやすいんでもうちょっと付き合ってください(笑)

この必殺技、概要としては「1秒間に100発以上の衝撃波を放つ音速の拳」という物になるのだが、これが北斗百裂拳のように両の拳で繰り出す方法になるので、単純に考えれば片手は1秒間に50回の拳を撃ち込むわけですな。はい、ここがポイント!

話を戻して、前述のチアゴさんは動画内で「熊蜂の飛行」という曲をBPM750というとんでもない速度で弾き倒しています。基本音価が16分音符なので、1分間に出てくる16分音符の回数は750×4で3000回。もうこの時点で恐ろしい予感がしているかとは思うが、1秒間のピッキング回数は3000÷60で50回!

そしてまたペガサス流星拳の件に戻ります。片手で秒間50回の拳を撃ち込むと書きました。チアゴさんは秒間50ピッキングです。もし彼が仮に両手でこのピッキングをできたとすると、両方合われば秒間100ピッキングである。そこにペガサス流星拳同様、ピックから衝撃波的な何かが出たとしたらできてしまうんです、架空世界の必殺技が!子供の頃、誰しもが一度はポーズの真似をしたり日夜練習に励んだりしたあの必殺技が!


っていうか、





今日って何の話でしたっけ?



※PATAのピッキング速度について書こうと思って、事の真相を探って、さらに上をいく動画を見て、そんで聖闘士星矢ってもう最初の主旨からズレまくり(笑)
nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 7

wakotchi

久々に来てみたら、やっぱ、lucaくんのブログめっちゃ面白い!!げらげら笑ってもうた!!BPM190の16分ですでに限界を覚える私としては、筋トレから始めないと駄目だわ(笑)

速いのは、ハヤエモンで9割速度に落として、気持ちよく弾きたい系おばちゃんだから私~~ヽ(´ー`)ノ
by wakotchi (2014-05-21 10:21) 

緑茶

逆に考えてその負担に耐えてる弦ってのは
けっこう丈夫なんじゃないかと思ってしまいました。
by 緑茶 (2014-05-21 22:16) 

luca

>wakotchiさん
スラッシュメタルなどでもない限り、そこまで高速なテンポで
16分音符を刻めなくてもほとんど困る事はないと思いますが
まぁそのへんは美学ですよね(笑)
筋肉はほとんど必要ないと思いますよ、なんせ俺で大丈夫なくらいなので。

>緑茶さん
言われてみれば確かにそうですね。
聖闘士星矢の雑魚キャラ達よりかは防御力がありそうです。
by luca (2014-05-24 09:45) 

ハードロック芸人

チアゴさんは、半分速度の流星拳を弦とピックの間で放っているのですね。
「スターダストピッキング」と命名します。必殺技っぽいですよね。
私は、自分のただのダウンピッキングに「妖術弦弾」という名前をつけてます。

by ハードロック芸人 (2014-05-24 14:03) 

KOVCH

自分の中では手クセ系ソロがパタで構築系がヒデってイメージがあります。
ツインリード系はヨシキも指示してそうですね。
楽譜を手に入れたのでStab Me In The Backもコピーしてみたいですね。
かなり体力面で不安がありますが^^;
by KOVCH (2014-05-24 22:48) 

めいだ(mei)

すごすぎて笑ったw
真似してがんばってみようかな。
((((;゚Д゚)))))))
190までいけるかしら・・・。
(´・ω:;.:...
by めいだ(mei) (2014-05-27 00:02) 

luca

>ハードロック芸人さん
とんでもなく必殺技っぽいピッキングになりますね(笑)
妖術弦弾は幽遊白書ぬい出てきそうです。
戸愚呂チームの鴉が使いそう。

>KOVCHさん
確かに割り振り的にはそんな感じがしますね。
PATAはモロにハードロック然としたソロを得意としてる気がします。
Stab Me In The Backはさすがのテンポだけあって
バッキングだけでツライっす!

>めいださん
ちょっとくらい間違ってても気付かない速さですからね。
並の絶対音感所持者じゃ正解かどうかもわからないでしょう。
by luca (2014-05-27 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。