So-net無料ブログ作成
検索選択

11/29 黒服限定。リハーサル [音楽(バンド関連)]

狩人=かりうどなのは当たり前だが、海人=うみんちゅの法則に従うと、かりんちゅになるのか?lucaです。こんばんは。何の狩猟もできなさそうな人間が出来上がってしまいそうだ。


※前置き:3週間前のリハーサルの事を今更書くのもどうかと思う(笑)けど一緒のバンドにいるはずの緑茶先生は俺の練習後記をなぜか楽しみにしているようなので、せっかくだから書いておこう。

黒服限定。のリハーサル模様を記事にするのは随分久し振りな気もするが、以前は「LUNA SEAセッション ○回目」とやっていたものの、初ライブ前の練習を最後に記事にしてなかったし、もう何回目かもわからなくなってしまったので、普通のタイトルにしました。

さてさて、実はメンバーと顔を合わせるのも10月のライブ以来なので1ヶ月半振りくらいだったのだが、次のライブがまだ決まっているわけじゃないし、その時も「年内にあと一回行ければいいかな」くらいのスタンスだったので、これだけの期間が空いてしまったわけだ。まぁもしかしたら他のメンバーの知らない所で嫌なカップリングができていたのかもしれないが、うちはバンド内恋愛禁止だし、それに背くと代々伝わる「ボディ、ヒート」というとんでもない罰ゲームが与えられてしまうので、きっと皆さん平和な1か月半を過ごしていた事でしょう。

その久し振りのリハーサルだが、今回の演目は「各々がやりたい新曲を1曲ずつ挙げる」と決まっていたので、ライブを意識せずに純粋に合わせてみようという事になったわけだ。まぁそのやりたい曲がどれもこれもしんどかったのは言うまでもない。

そして挙げられた演目がこちら。

の:MARIA
緑:WITH LOVE
俺:Be Awake
芸:gravity
蒼:SCANNER

今回も随分と幅の広い演目になってしまったが、あっ!!なんか縦読みで並び替えると「俺の緑蒼芸」とかいう謎の宴会芸みたいn、ごめんなんでもない!

で、そんな宴会芸は持ち合わせていないので、まじめに曲の練習をしていたのだが、まぁ今回はきついきつい!音作りも去る事ながら、コーラスの割合が非常に多く、中には本気で諦めようかとしたレベルの物まで出てきてしまったのだ選んだのりたくんは俺に謝っていいレベル

ライブじゃないけど、リンクを交えながら一曲ずつ振り返ってみましょう。



・Be Awake

アルバム「LUNACY」のオープニングを飾る疾走曲。イントロからギタリスト二人の音色がとんでもない事になっているのだが、それを完璧に再現してくるあたりはほんとに宇宙的なギタリストが揃ったもんだなと自画自賛。

ところがどっこい、ギターソロ後のクリーンパートに差し掛かった際、そのフレーズをお互いにお互いが弾くもんだと思っていたせいでまさかのギターすっぽ抜け(笑)本当はINORANパートなので、緑茶先生アウト!

ただしそれを除けば最初の一回目としてはまずまずの完成度だったし、この曲はベースのみ全音下げというチューニングになるので、HRG兄さんの5弦ベースがここにきて初めて真価を発揮した。



・MARIA

最新作「A WILL」からの一曲だが、これが本当につらいわけですよ!まず徹底的に作り込みたかったリード音色なのだが、ディレイ成分のみにフェイザーをかけなければこの音は手に入らないので、GT-100のFX CHAINやMIXER機能を完璧に使いこなすという俺の天才的な発想がなければこうはならなかっただろう(これについては後日別記事にて解説予定。震えて待たれよ!)

そして前述のコーラスだが、リードメロディーを弾きながら歌わなくちゃいけないという苦行にも近い事をやらされるので、今回の課題曲の中で、いや、黒服限定。結成以降一番の練習時間を要したかもしれない。これ多分SUGIZO本人もライブでは歌ってないんじゃないかな?最近の曲ではコーラスパートがシャレにならないほど多いし、コーラスパートは後ろで流しておくってこともよくやってるからね。

それも含め、ここまで再現できる奴がいたら見てみたい。音源がないのは非常に残念だ(これについては後述)


・WITH LOVE

俺の中でアルバム「STYLE」のオープニングナンバーって「G.」な感覚なんだよね。でも曲順的にはこっちが本当のオープニング。

音源ではなんて言うのかな、曲全体にとにかくレトロな質感のエフェクトがかけられてたり、音色自体もそういうのを意識してたりするんだけど「ライブでやるならどうするか」ってのをまず考える必要があった。その必要性には気づいていたものの、なぜかライブ映像を探すという事をせず、これも今になって初めて見たわ(笑)練習段階から見ておけばよかったな。

特にギターソロはアコギでレコーディングされていたので、それをほぼそのまま置き換えるような形にしていたのだが、ライブでやるならこういうアプローチもあったのかと納得。そういう意味では一番リベンジしたい曲でもある。あと緑茶先生の音がそのままINORANだった。


・SCANNER

X JAPANのHIDEが遺した曲で、それを1周忌の時期に発売されたトリビュート・アルバムでLUNA SEAがカバーした物。

曲自体は好きだったしそのうちやりたいなとは思っていたのだが、いかんせん半音下げチューニングにしなくてはいけないという問題があったので、蒼木さんからこの曲の提案があった時には即座に俺が却下(←相変わらず口うるさいw)。ただ、せっかくだしという事で、レギュラーチューニングでも演奏できるように、原曲を半音上げたトラックを用意してもらい、それに合わせる形となったのだが、さほど違和感もなかったんじゃないかな。

ちなみにこの曲のみ俺がINORANパートを担当。チューニングの問題で難色を示したのも、アルペジオで1弦開放音が頻繁に出てくるからというしっかりとした理由がある為である。


・gravity

今回唯一となった既存持ち曲からの選曲だが、本来兄さんは別の曲を選んでたんだよね。けど練習の時間とか諸々を考えるとキツイという事だったのでこの曲が選ばれた。

さすがに相当練習を積んできた曲なので安定感は抜群である。ただ、俺の場合はこれまでセンターPUで弾いていたバッキング音色をフロントにしたり、アルペジオの音色もリバーブやらの空間処理で細かい調整を行うなどの変更を行ったのだが、その違いに気づいた者は誰一人としていなかった(泣)


とまぁ、こんな感じのところなのだが、前述した「なんで今回は音源がないのか?」っていう部分にも触れておきましょう。というか謝っておきましょう。100%俺のせいなんで!

今回行ったスタジオはいつもと違う場所だったんだけど、CDレコーダーは一緒の物だったから、まぁ使い慣れたもんなわけですよ。今回は空のCD-Rを持ってきてなかったから受付で買い、それをセットして音量合わせとかの調整をする事に。立ち位置的には俺が一番レコーダーに近かったので、緑茶先生からの「入力レベル適当に合わせて録音開始しちゃって」という指示に「おう、まっかせろい!」とチャキチャキな江戸っ子節全開で答えてはみたものの、レベルが適切である事を確認したまま、録音ボタン押してませんでした!

ほんとなんでなんでしょ、思い返してみても全然意味がわからない。しかもそれに気付いたのも30分くらい演奏してからだったからね。気付いた時にはもうあと10分あるかどうかくらいだったから、そこからすぐさま録音開始。でも音源は残しておきたかったし、延長できるかも聞いてみたんだけど、空きがなかったせいで断念。

そこから急いで2曲ほど録ったのだが、今回はそのCD-Rを持ち帰った蒼樹さんの編集が遅かったせいで兄さんと緑茶先生は音源を載せていなかったようなので、ここでその日の演奏を初公開といきましょう!



はい、まず違和感があると思うが、なんか音がやけに右寄りです。思想的な意味ではなく低位的な意味で。前述したように今回はいつもと違うスタジオだったのだが、まず部屋に入った瞬間、その作りというか間取りがおかしな事になってて、俺と緑茶先生が隣り合わせで弾くという黒服。史上初の試みをせねばならない立ち位置だったので、ギターの振り分けができていない。それを差し引いても全体的に左がスカスカなので聴きづらいでしょうね。

次にもう一点、なんか途中でフェードアウトしてるじゃん?これは俺が編集したんだけど、録音し終わってレコーダーを見たらトレイからCD-R飛び出てんの!もちろんEJECTボタンなんか押してないし、こりゃ途中で誤作動でも起こしたかなと思ってたら、やっぱり途中で切れちゃってたんだよね。しかもエンディング直前の一番いい所で!

そんなわけで録音に関しては俺と機械と部屋の間取りのせいでうまくいかず、ちょっと残念。もう1曲ちゃんと録れてた方も定位はおかしいし、そもそも集音していたマイクの問題なのか、すげー音質悪いんだよね。仮に俺が録音ボタンを押してたとして、余す事なく録音できていたとしてもちょっと聴くに堪えかねる物だったかもしれないな。まぁそれで俺のミスが帳消しになるわけではないですが(笑)

でもアナログ人間丸出しな機械的ミスはあったものの、全体の練習としてはよくまとまっていたんじゃないでしょうか。とりあえず次回の練習は1月と2月の予定で、特にバンドの忘年会とかも決まっていないので、黒服限定。はこのまま年明けを迎える事になりそうです。

来年の黒服限定。も最高に宇宙的でデカダンなバンドとしてやっていくので、どうぞご支援お願いします。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 5

緑茶

部屋のレイアウトの問題で少し残念でしたが
WITH LOVEはけっこういい出来だったと思います。

来年ものっけからハードな選曲ですがよろしくお願いします。
by 緑茶 (2014-12-22 01:36) 

通りすがり

MARIAのコーラスはINORANが歌ってました@今日の横アリ
by 通りすがり (2014-12-23 22:09) 

ハードロック芸人

スタジオですが、広いところに慣れていたので、狭い感じが新鮮でした。選曲に関しては、優柔不断で気まぐれなところがあるので、皆を引っ掻き回しますが、結局自分も引っ掻き回されてます(シラン
by ハードロック芸人 (2014-12-25 00:47) 

luca

>緑茶さん
あの部屋の作りは施工不良だとでも思い込まないと
うちの編成では使いづらいですね。
来年はもっと曲の幅を増やしたいところです。

>通りすがりさん
貴重な情報をありがとうございます!
あの野郎、やはり歌ってなかったか(笑)

>ハードロック芸人さん
次回の選曲はこの前の話の流れでMILLENIUMかLOVE MEが
くるんじゃないかなと思ってたのですが、まさかのSTAY!!
初めて挑戦しましたが結構難しいです。
by luca (2014-12-28 10:05) 

haku

明けちゃいました ^^;
御目出とう御座います!
自分は今年も休み休みのブログですが、
宜しく御願致します~♪ ^0^w
by haku (2015-01-01 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。