So-net無料ブログ作成
検索選択

1/17 黒服限定。リハーサル [音楽(バンド関連)]

一姫、二太郎、三なすび。lucaです。こんばんは。これが生まれるのか…。


先週土曜日に今年初となる黒服限定。の練習に行ってきました。今回の曲目は俺とHRG兄さんが完全新規曲を選び、他の3人はこれまで一度でも演奏した既存曲の中からやりたい物を選択する事になったのだが、俺が途中で「やっぱりこっちをやりたい」と言い出した事と、蒼樹さんのチョイスが随分遅れてしまった事から、それを待たずに俺の提案した2曲が採用、最終的に蒼樹さんの希望曲も追加したので、全部で6曲の演目となった。

さて、黒服限定。関連の話題をする時には「LUNA SEAのコピーバンドを組むのがギターを始めた時からの長年の夢だった」という話をしてきたが、俺の中にあった「やってみたいけど、普通はなかなかやろうとしない曲」をいつか演奏するという更なる夢があった。それがFOREVER & EVERという曲なのだが、当初挙げた曲とは別にこれを提案したところ、まぁ無敵すぎるメンバーたちばかりなので「どっちでも余裕」的な頼もしすぎる返答。

そしてそれを含めた今回の演目は

俺:FOREVER & EVER、Rouge
緑:WITH LOVE
の:DESIRE
芸:STAY
蒼:BLUE TRANSPARENCY

となったのだが、ここでHRG兄さんが「芸人」と呼ばれる所以を遺憾なく発揮。前回のスタジオが終わって皆でカレー食べてたんだけど、その時に「(SHINEに収録されてる)MILLENIUMとかLOVE MEとかが好きになってきた」とか言ってたから、てっきりその辺を選択するもんだと思ってたのよ。本人の口ぶりにも絶対やりたい感が満載だったし、俺も前もって練習してそれ用の音も作っておいたのね。そしたら何日か後に送られてきたメールに書いてあったのは

私はSTAYを希望します。


という衝撃の内容!でも一番好きなアルバムを挙げるとしたら「EDEN」なんじゃないかなと思っているので、それを考えればこの選択は妥当とも言えるだろうが、まさかのどんでん返しである。特にのりたくんは「芸人語録」としていたく気に入った模様。

ちなみに兄さんからMILLENIUMやLOVE MEの名前が出る事がどれだけ革新的なのかを説明しておくと、黒服限定。を結成した段階で「僕の演奏レベルはSTYLEまでで止まってる」という事だったし、それ以降のアルバムはほとんど聴いていなかったというのだ。まぁその割に初回からSHINEとかTONIGHTをブチ込んだわけですが(笑)そういう事を考えるとおそらく何かしらの意識改革が起きているのでしょう。

今回の選曲はライブを無視して今やりたい物をやるというコンセプトだったのだが、個人的には今まで使わない音色だったり、既存の音色でも大幅に設定を見直した物がいくつもあったので、それらを試す場としては手応えを感じられたかな。それでもまだ残響系のエフェクターはもっとディープな方がいいのかなとか思ったり、余計な帯域が出てしまったりというのは家で一人でCDと合わせてるだけだと絶対わかんない部分だから、それを詰めるのにもう一息という段階。

ところで俺がスタジオに入る前や、特に新曲をやる際にはちょっと普通ではないレベルで根詰めた音作り作業をしているのだが、その甲斐あってか最初こそ他のメンバーから「CDと同じ音が聞こえる」とか「とても宇宙的だ」とその都度感嘆の声があがったものだが、最近はそれがなくなってきたなぁと。特に今回の音色で言えばRougeなんて過去最高の自信作なわけ。多分アレだ、俺の音に対して免疫をつけさせすぎた(笑)贅沢な悩みである。

というわけで今回の演目の中からRougeを聴いてもらいましょう。



原曲のバッキングサウンドがこれまでにあまりない音色で、なんて言うのか「ジャキジャキ」じゃなくて「ジョリジョリ」な感じなので、まずこの質感を出すのに一苦労。CD音源だと歪み量は馬鹿には多くないのだが、この質感を出すにはハイゲイン化させるしかなく、LIVEでは「偽菊」を使っているのが確認できるので、おそらくフロントとリアのミックスポジションを使用していると想定し、そうなると一番近いであろうセンターPUを使う事で対処している。

基本的にこの音色が完成すれば6割はこっちの物なのだが、ワウも使うし、リード音色もなかなかに手の込んだ物になっているから、GT-100のアサイン機能をフル活用してようやくたどり着いた。

ちなみにワウはペダルをちょっとでもつま先側に動かすと自動でONになり、同時にディレイとリングモジュレーターもONになる。さらにワウと同期してリングモジュレーターのフリーケンシーも可変させているので、並のワウサウンドにはなっていない。さすがに本人がどうしているかはわからないが、フリーケンシーも同時に可変させるという事は彼のシステムでは不可能なので、CD音源のあの不思議なワウ・サウンドはミックスの段階で何かしているか、エンジニアがボード内にセットされたリングモジュレーターのツマミをランダムに操作したか、といった手法を採った事が予想される。それを完全再現する為に複雑なアサインを組まなくてはならないわけなので、そういう意味ではある種の集大成とも言えるサウンドだろうか。

ただこの音色も唯一不満があって、実際に合わせるまで気付かなかったんだけど、サビの要所要所で凄くブーミーになっちゃってるんだよね。ポジションで言うと5弦の5フレット(レの音)なんだけど、これを弾いた瞬間に低音が回りすぎたのか、他の楽器の帯域とぶつかったのか、上に張り付けた音源からもよくわかるだろう。単に低域を削ればいいとも思いがちだが、そうなるとこの質感が失われてしまうので、そのギリギリを追い込むという結構時間と手間を食う作業を必要としてしまうので、当日その場での修正は時間的制限から断念。ほんとこれさえなければ…。

ただ初合わせの曲の割にはそれなりの完成度だし、あとは楽曲を覚え込めば大丈夫なくらいのレベルだと思うので、案外近いうちにライブでやる事になるかもしれないな。最新アルバムからの選曲になるので、過去作との共存という点でセットリストを組むのに苦労するのが目に見えてるけどね(笑)

そして次回のリハーサルは早くも来月だ。これも今回の予定を決めた時にほぼ決定していたのだが、演目が全て半音下げの曲になります。つまりが必然的に「LUNACY」と「A WILL」からの選曲が中心になっている。「僕の演奏レベルはSTYLEまでで止まってる」と豪語したHRG兄さん涙目(笑)

あぁ、涙目で今思い出したんだけど、今回の曲の中にあるFOREVER & EVERなんだけど、曲自体は長いし構成も複雑だしでみんな覚えるのが大変そうだな〜とか、俺は元々ある程度は弾けそうだったから超他人事でいたわけ。でもその中で一番大変だったのがHRG兄さんである。

完ッ全に忘れてたんだけど、感想部分でJの朗読があるのよ。全て英詩で。しかも超絶長いの!多分演奏を覚えるのより大変だったんじゃないかな。すまんかった!!

とりあえず今回の曲はそこそこ手応えを感じられたし、まぁFOREVER & EVERはまだ早かったかなってのはあるけど、いつやる事になってもいいように自分の中で消化しきれるまで練習あるのみだな。ただその前に来月の課題曲をやっつけなきゃいけないんだけどね。なんせこの時点で未だに

二曲も手つかずなんで!!


※来月は俺がお荷物要因になりそうです(笑)

nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 5

ハードロック芸人

リアルタイムの時はSHINEが明るすぎて聴けませんでした。それこそ去年、あの2曲にはまりました。ただ、どちらをやりたいか?決められなかったので、「そういえば、今までやったことのないっていうか、本家がやりたがらないSTAY」を選びました。まあ、ちゃっかり2つ選んだ人もいたみたいですが(笑)まあ、よいでしょう。ただ、スクランブル発進にそなえてLOVE MEを軽く準備してました。

Rougeのイントロはびっくりした。同じだって思いました。だけど平常運転だと思ってしまいました。おっしゃる通り免疫がついてます。もう、他所のバンドでルナシーが演奏できない体になりました。責任とってください(シラン
by ハードロック芸人 (2015-01-23 00:11) 

luca

>ハードロック芸人さん
俺はどちらかと言えば「河村隆一」でLUNA SEAを知ったクチなので
SHINEの頃の音源も違和感はなかったんですよ。
まぁあのアルバムを聴いたのは終幕後の話なんですが(笑)
LOVE MEはそのうちやってみたいですね。
弦楽器隊のアレンジが「各々が好きな事やってるのにまとまってる」という
LUNA SEAの一番オイシイ感じが出てる曲ですから。
by luca (2015-01-23 21:11) 

ぴーたか

初めてまして。
GT-100やSUGIZO 音作り 等で検索をかけるといつもこのブログにたどり着きます。
lucaさんの音作りはいつも素晴らしいので、僕も勉強するつもりで読んでいます。
更新楽しみにしています。
by ぴーたか (2015-01-29 10:23) 

ginchanx_5150

かっけー!!!
私もこの曲、コピーしたいな〜と思っていました^^
こんな風にコピーできるバンド、他にはいないでしょう。
凄いです。
by ginchanx_5150 (2015-02-01 11:08) 

luca

>ぴーたかさん
そう言ってもらえると今後のモチベーションに繋がります!
そのうちまたSUGIZOサウンドについてのまとめを書こうかと画策中です。

>ginchanx_5150さん
この曲は最近の曲の中でも音作りを含めたコピーのし甲斐が
特に強い曲なので、是非とも挑戦してみてください!
by luca (2015-02-01 15:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。