So-net無料ブログ作成

3/14 黒服限定。リハーサル [音楽(バンド関連)]

そんなに滑舌は悪い方じゃないと思ってたんだけどなぁ。lucaです。こんばんは。音声検索で「国会議事堂」が「鳥取銀行」に間違えられた。



昨日は黒服限定。のリハーサルでした。ホワイトデーだというのに暇な男たちである。今回の課題曲も前回同様に半音下げチューニングのみで構成されたが、前回の物プラス「Anthem of Light」と「Thoughts」を追加。どちらも現時点での最新作である「A WILL」からの選曲である。

ちなみに「全曲半音下げチューニング」とは言ったものの、Thoughtsに関しては少々チューニングが異なる。本来であれば「半音下げチューニング、さらに5弦のみ1音下げ」という特殊なチューニングで演奏するのが正しい作法なのだが、要は「gravity」のチューニングを半音下げ仕様にした物である。

ところが事前知識として特殊チューニングである事は知っていたものの、曲を聴く限りではどうも普通の半音下げでもいけそうだなと判断し、特にチューニングを変える事なく演奏する事に。もしかすると耳コピできた範囲外でそういったチューニングでないと再現できないヴォイシングもあったのかもしれないが、普通の半音下げでもほぼ再現は可能である。ちなみにこの「普通の半音下げ」という矛盾にも思える表現がバンド内でちょっとしたブームを巻き起こしている。

もし半音下げ曲のみでセットリストを組むとしたらこの曲の存在はとても大きいのだが、いかんせんリズムパターンが難しく、特にリズム隊がえらく苦戦していたなというのはやってる側からしても痛感できた。この曲を外す事は考えにくい状況なので、このあたりが今後の最重要課題になるでしょうか。

もう一つの新曲であるAnthem of Lightもライブ構成を考えたら外せない曲の一つだし、個人的には今回の演目の中で一番楽しみにしていたのだが、前回から唐突に始まった半音下げ楽曲縛りのせいで、少ない練習期間での詰め込みが影響して苦戦しまくっているので、バンドとしてのまとまりはまだまだこれからといったところでしょうか。

ちなみに今回はボーカルののりたくんが事前に喉の不調を訴えていたので、半ば冗談まじりで「じゃあある程度までやったらみんなでボーカル持ち回ればいいじゃん」とか「今まで俺と芸人さんは歌ってきたから、緑茶先生と蒼樹さんもやったらいいよ」などと押し付け合いが始まったので、演奏しながら歌うという事で最も難易度の低いと思われる「TONIGHT」を楽器隊各人で歌って、それを各々のblogで公開したらいいんじゃないかなと楽しい妄想を繰り広げていたのだが、幸か不幸かのりたくんの喉がどうにか耐えきれたので、楽器隊が歌う事はなく終了。

というわけで今回は新曲であるAnthem of Lightを公開。Thoughtsでもよかったのだが、やはり前述した通りにまだまだの出来なので今回はパス。だからと言ってAnthem〜も完璧というわけではないんだけどね。まぁ初回にしては及第点といったところでしょう。



さて、ここで黒服限定。からお知らせがあります。兼ねてから計画はしていたのだが、ライブではないスタジオセッションを開催します。

内容としてはもちろんLUNA SEAの楽曲を演奏する事になるのだが、希望者を募ってやりたい曲をやるというイベントになります。詳細はそのうち発表すると思うが、例えば「ROSIERのSUGIZOパートで参加したい」という人がいれば、その他のパートでも希望者を募り、集まったメンバーでROSIERを演奏するという流れである。

もちろん何の曲のどのパートで立候補してもいいし、特に制限もないので、やりたい人がいれば隙に立候補してもらって構わない。場合によっては黒服限定。のメンバーが普段とは違う楽器で参加という可能性もあるかもしれないし、まったく知らない人同士が初見で演奏するという事も十分に有り得る。極端な話、緑茶先生のボーカルが聞けるかもしれないし、HRG兄さんのドラム姿も見れるかもしれないし、俺が約10年振りに人前でベースを弾く可能性もあるわけだ。

日取りと場所は既に決定しており、少し先になるが6/20に東京都の野方という所にあるSTUDIO NOAHで開催予定だ。豪勢にも36帖の部屋(12帖のサブルームつき)を押さえてあるので、狭っ苦しいスタジオでこじんまりとセッションという事にもならないだろうし、ライブと何ら変わりない事ができるんじゃないかな。

これについては日時と概要が決まっただけなので、詳しい参加方法などは決まり次第随時お知らせ予定。我々黒服限定。は「会いに行けるLUNA SEA」というコンセプトの基で活動してきたが、このセッションは「一緒に演奏できるLUNA SEA」というコンセプトを掲げる事になる。というか今決めた。うん、もちろん俺が勝手に。

幸いな事にここの読者の中にはこのblogで扱った話題の特性上「GT-100でSUGIZOサウンドを作る」という目的を持ったギタリストが多数いるようなので、個人的にはそういう人たちとの交流の場にもしたいかな。どちらも出番でない時にはサブルームの方でお互いのセッティングについて語ったり、もちろん作成したパッチの交換なんて事をしてもいいしね。

というわけで黒服限定。からのお知らせでした。まだ未確定ではあるけれど、夏場に2本ライブをやる事もほぼ確定しているので、この先半年間くらいは色々と予定が目白押しとなっております。各情報に関してはここでももちろん、緑茶先生やHRG兄さんのblogでも触れられる事になると思うので、くまなくチェックすべし!
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ハードロック芸人

「一緒に演奏できるLUNA SEA」これはとてもよいコンセプトですね。うん。
半音下げ曲も回数を重ねるたびによくなっていますので、この調子でもっと完成度を高めたいですね。
by ハードロック芸人 (2015-03-17 22:40) 

luca

会いに行けるアイドルとしてお馴染みのAKB48でさえ
その境地には達していないので、我ながらとても良い
コンセプトを思い付いてしまいました。
半音下げ回はセットリストが難しい事になりそうですが
まぁ天才の集まりなんで余裕だと思いますよ( ^∀^)
by luca (2015-03-19 23:56) 

KOVCH

lucaさん、こんばんは。
セッションは面白い試みですね。
GT-100の交歓会も面白そうです^^
by KOVCH (2015-03-21 23:36) 

luca

>KOVCHさん
もし当日GT-100を持ってくる人がいれば、結構な確率で
ここを一度は見た事があるんじゃないかなと思うので
それが楽しみですね。
by luca (2015-03-31 19:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。